AGAとは、思春期以降に発症する進行性脱毛症のこと。遺伝子が関与して、AGA発症を促しているという考え方もある。だからと言って、諦めてしまう前に自宅でAGA治療してみませんか?

AGA対策のお薬について

AGAと言えば、薄毛や抜け毛を特徴とする成人男性型の脱毛症であることは今や女性を含めて多くの人が知っていることでしょう。
この薄毛や抜け毛を特徴とするAGAによって深刻に悩む人が近年増えてきていると言われています。
というのも、現在はブラック企業やサービス残業が当たり前のように存在するストレス社会であり、そのストレスが原因となってAGAが発症するからです。
それゆえ、こうした薄毛や抜け毛の問題は低年齢化しているとさえ言われています。

 しかしながら、薄毛や抜け毛の問題が増加し、深刻化している一方で、何も対策がないわけではありません。
現在では薄毛や抜け毛を改善するための様々なお薬が開発、販売されています。
その中で、近年、AGA対策のお薬として特に注目されているのがプロペシアやフィンペシアです。
これらはAGA対策のお薬としては独特で、服用するタイプのお薬となっています。
そのため、従来の頭皮に直接塗布するタイプのものとは異なり、薬剤を直接体内に取り入れるため、より効果的なものとなっています。
このプロペシアやフィンペシアは服用することで、AGAを誘発する男性ホルモンを抑え、それにより育毛を促進することが主な作用となっています。
しかし、男性ホルモンを抑制することによる副作用もあり、全身が育毛されるというデメリットも併せ持っています。
そのため、毛髪だけでなく、体毛までもが濃くなるという特徴もあります。
しかしながら、これはそれだけ効果的と言うこともでき、個人差も少ないため、従来の頭皮に直接塗布するタイプのもので結果を得られなかった人には、これらの服用するタイプのお薬は試してみる価値はあると言えるでしょう。