AGAとは、思春期以降に発症する進行性脱毛症のこと。遺伝子が関与して、AGA発症を促しているという考え方もある。だからと言って、諦めてしまう前に自宅でAGA治療してみませんか?

AGAの原因は遺伝も関係している

現在、薄毛のタイプの一つであるAGAの原因がだいぶ科学的にもわかるようになってきました。
AGAの原因の一つとしては、男性ホルモンから変換したホルモンがAGAを引き起こしているといわれています。
ですから、単に男性ホルモンが多ければ、薄毛になるかというと、直接は関係がないということが言えるでしょう。
そしてなによりも、男性ホルモンをAGAの原因となっているホルモンに変換してしまう酵素が薄毛と大きく関係があるとされています。
この酵素の働きにより、男性ホルモンが変換されることにより、頭頂部や額の生え際にある髪の毛に栄養がうまく行き渡らなくなってしまうと考えられています。
ですから、AGAの治療を行うのであれば、男性ホルモンを他のホルモンに変えてしまう酵素の働きを弱める薬を服用するという治療法を行います。

しかし、男性ホルモンは誰でももっているホルモンであり、AGAの原因とされるホルモンについても同様に体内には常にあるものです。
だからと言って、誰もが薄毛になるわけではなく、ならない人もたくさんいます。
そこで、こういった問題には遺伝も大きく関係していると考えられます。
遺伝によって、ホルモンの影響を受けやすいのか、受けにくいのかといったことが関係してくると考えられます。
最近は、AGAを専門に扱っているクリニックなどで遺伝子検査を受けることができるようになってきています。
この遺伝子検査でわかることは、自分がAGAなのかどうか、薬を服用した場合、どの程度の効果を得ることができるのかといったことについてある程度判明させることができるようになっています。
今後も遺伝の研究が進めば、より薄毛のメカニズムについても解明が進むかもしれません。